MENU

アルコールとタバコによる影響

逆流性食道炎の主な原因として挙げられるのは、アルコールやたばこといったものです。

 

ただ、アルコールやたばこを摂取したからといって、
必ず逆流性食道炎になってしまうという事ではありません。

 

 

食事が原因で逆流性食道炎になってしまう方は、過剰な食事の摂取や、
胃酸の出やすい食事によるものです。

 

これと同じように、アルコールやたばこも、過剰な摂取さえしていなければ
逆流性食道炎になることはないといえます。

 

しかし、アルコールやたばこは、好きな人ほどついつい過剰に摂取してしまいがちですから、
逆流性食道炎になる確率は高いといえます。

 

アルコールは、宴会の席等、飲みすぎてしまう場で、
ある意味仕方なしに逆流性食道炎となってしまう方もいるでしょう。

 

たばこも場合も、ヘビースモーカーの方は、すでにそれが染み付いている状態ですから、
逆流性食道炎になってしまう割合は強いです。

 

しかし、これらを多く摂取し続けていれば、逆流性食道炎の更に進行した
悪い病気にかかってしまうことにもなりかねません。

 

逆流性食道炎になってしまったら、H2ブロッカー等で、胃酸が出るのを抑えていけば、
回復に向かうでしょう。

 

しかし逆流性食道炎になってしまう回数が頻繁になっていってしまうと、
これを抑えるだけでは足りなくなってしまいます。

 

逆流性食道炎は、放っておけば治るようなものですが、これが続く事で、
大きな病気になってしまう事だってありえない話ではないのです。

 

逆流性食道炎が、ガンを引き起こす可能性もありますから、
このような病気になる前に予防をしなければなりません。

 

普段から食事やアルコール、煙草の摂取を抑えていれば、
逆流性食道炎になる回数も減らす事ができるでしょう。

 

しかし、こうした原因以外にも、逆流性食道炎を引き起こす原因はありますから、注意が必要です。

 

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像