MENU

出血と穿孔について

逆流性食道炎は、初めの頃ならば、それほど気になるような症状はないのですが、
これが悪化すると危険です。

 

 

逆流性食道炎が悪化する事で、口から出血を起こしたり、癌になったりしてしまう、
とても怖い病気なのです。

 

多く出血するような場合ならば、逆流性食道炎だと気付く事もできるのですが、
これは気付かない程度の血の量を出し続ける場合もあります。

 

特に、便とまざって血が出ているような場合、逆流性食道炎だとは気付かずに
長く過ごしてしまうかもしれません。

 

逆流性食道炎が恐ろしいのは、本人にそれという自覚がなく、
どんどん進行していってしまうという所にあります。

 

普通の人だと、何か具合が悪いな、飲み過ぎたかな、程度で片づけられてしまうのが
逆流性食道炎という病気なのでしょう。

 

 

血は酸化して黒くなる性質がある為、多くの血が便から出された場合、
便が黒くなっているので逆流性食道炎と疑う事ができるでしょう。

 

 

そして、逆流性食道炎を放って置いたまま、時間が経過していくと、
突然激しい痛みが発生する事があります。

 

 

そして、逆流性食道炎から穿孔性潰瘍に発展してしまう事もあるので、
ここまでに至る前に、何とか対処をしなければなりません。

 

 

逆流性食道炎の進行後に、穿孔性潰瘍となってしまうと、
とても強い痛みでようやく自分が病気になっていると気付かされるのです。

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像