MENU

逆流性食道炎の予防

逆流性食道炎の予防は、胃酸を逆流させないことが重要になります。

 

胃酸が逆流して食道の粘膜に傷がつくと逆流性食道炎になるので、
食道の粘膜が胃酸によって荒らされないようにすることが予防になるのです。

 

ですから、逆流性食道炎を予防しようと考えたら、
胃酸が逆流しないような生活を送ると良いでしょう。

 

逆流性食道炎の予防方法がテレビ番組で紹介されていたのを観たことがあります。

 

胃酸を逆流させないためには、食事をした後、
すぐに横にならないことが逆流性食道炎の予防になるのだとか。

 

食事をして胃酸の分泌が活発なときに寝転んでしまうと、
胃と食道が平行になるために胃酸が逆流してしまうので、逆流性食道炎の予防にならないのだとか。

 

ですから、簡単な予防方法ですが、寝転がらないことが逆流性食道炎の予防になるでしょう。
食後、テレビを観ながらすぐにゴロゴロとしてしまう方は、逆流性食道炎を予防するために、
ライフスタイルを見直してください。

 

そして食べすぎも逆流性食道炎の原因となるので、
予防するなら腹八分目の食事を心がけると良いでしょう。

 

食べ過ぎると胃が圧迫されて胃酸が逆流しやすくなるので、
逆流性食道炎を予防したいなら、お腹いっぱい食べることを避けたほうが無難です。

 

また、逆流性食道炎を予防するために食べすぎの食生活を見直せば、
ダイエットにも繋がるでしょう。

 

ダイエットも逆流性食道炎の予防になるのだとか。

 

内臓脂肪が胃を圧迫すると胃酸が逆流しやすくなるので、
逆流性食道炎を予防したいなら、脂肪を減らすような生活をしてください。

 

適度な運動、食事量を見直せば、逆流性食道炎の予防に役立ちます。
そして姿勢を良くすることも逆流性食道炎の予防になるのだとか。

 

姿勢が悪いと胃が圧迫されやすくなり、
胃酸が逆流しやすくなるので逆流性食道炎の予防にならないのだとか。

 

ですから、逆流性食道炎を予防したいなら、正しい姿勢を心がけると良いでしょう。

 

整体へ通って骨格を矯正すると正しい姿勢が保ちやすくなるので、
逆流性食道炎の予防になると思います。

 

 

逆流性食道炎の予防をしたいなら、きつい下着を身につけないようにしてください。

 

 

特に女性の場合、少しでも体型をよく見せようと、
身体を締め付けるような下着を身につける方がいますが、
身体を締め付けると逆流性食道炎の予防になりません。

 

 

ウエストを細く見せようとお腹を圧迫すると胃酸が逆流しやすくなるので、
逆流性食道炎を予防しながらスタイルよく見せたいなら、ダイエットに励むほうが懸命です。

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像