MENU

逆流性食道炎の食事療法

逆流性食道炎の食事療法は、胃酸が食道に逆流しにくい食事を摂るようにするという療法になります。

 

食事療法とは摂取する食事のメニューや食材に注意をする治療法のことですから、
薬による逆流性食道炎の治療に不安を感じている方は、薬食事療法を取り入れてみましょう。

 

逆流性食道炎の食事療法は、胃酸が逆流しやすいものを摂取しないようにすることが必要です。

 

ですから、炭酸飲料を飲まないようにすることも、逆流性食道炎の食事療法といえます。

 

炭酸飲料を飲むとゲップが出やすくなり、
ゲップが出るということは胃の内容物が口元まで上がっている状態ですから、
逆流性食道炎の食事療法では炭酸を避けるべきでしょう。

 

ですから逆流性食道炎を食事療法で治したいなら、炭酸を含まない飲み物を飲むようにしてください。

 

また、逆流性食道炎を食事療法で治したいなら、カフェインの入った飲み物も飲まないようにしましょう。

 

特に、すきっ腹のときにカフェインの入ったコーヒーを飲むことは、
逆流性食道炎の食事療法では避けるべきです。

 

カフェインは刺激物なので、胃を刺激して胃酸の分泌を促す働きがあり、
逆流性食道炎の食事療法では飲んでも良いとはいえないのです。

 

胃酸の分泌が促されれば胃酸の量が増えてしまい、食道まで逆流しやすくなるので、
逆流性食道炎を食事療法で治したい方は、コーヒー類は避けたほうが良いでしょう。

 

同様に、カフェインの入っているお茶類も、逆流性食道炎の食事療法ではオススメできません。

 

そして、アルコールの入ったお酒類も、逆流性食道炎の食事療法では避けるようにしてください。
アルコールが胃酸の分泌を促してしまうので、逆流性食道炎の食事療法では避けたほうが賢明です。

 

逆流性食道炎の食事療法でオススメできる飲み物は、水やスポーツドリンク類になります。

 

水にはカフェインも含まれていなければアルコールも含まれていませんし、
炭酸も入っていないので、逆流性食道炎の食事療法にぴったりな飲み物です。

 

同様に、カフェイン、アルコール、炭酸の入っていないスポーツドリンクは、
逆流性食道炎の食事療法に良いでしょう。

 

ですから逆流性食道炎の方が喉の渇きを感じたら、水やスポーツドリンクを飲むようにしてください。

 

 

逆流性食道炎で食事療法を行っても、食事後、すぐに横になるようなライフスタイルを送っていると、
改善することができません。

 

横になるということは、胃と食道が水平になるということですから、
胃酸が逆流し、逆流性食道炎の原因となってしまいます。

 

ですから逆流性食道炎を食事療法で治したいなら、ライフスタイルも見直してください。

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像