MENU

逆流性食道炎と生姜

逆流性食道炎に生姜は良いのか、悩む方は多いでしょう。
生姜は逆流性食道炎に良いのか、この判断が人によって分かれるからです。

 

逆流性食道炎に生姜は問題ないという方もいます。
そして、逆流性食道炎に生姜は良くないという方もいます。

 

逆流性食道炎は胃酸が食道まで逆流し、粘膜を傷つけることによって起こる病気です。

 

ですから、胃酸が逆流しなければ、逆流性食道炎の方が生姜を摂取するのは問題ないでしょう。

 

ただ、生姜の刺激によって胃酸の分泌が促さると逆流しやすくなるので、
生姜を食べて気分が悪くなる方は、逆流性食道炎を改善するために、生姜を避けたほうが無難です。

 

また、生姜は食事に薬味として取り入れる方も多く、薬味は食欲を増すので、
生姜を逆流性食道炎の方は摂取しないほうが良いという方もいます。

 

逆流性食道炎を改善したいなら、腹八分目の食事をして、
食べ物によって胃が圧迫されないようにすることも重要なので、生姜は避けるべきと考えるのです。

 

ですから、生姜によって逆流性食道炎の方の食欲が増してしまうようなら、
生姜は食べないほうが良いかもしれません。

 

逆流性食道炎の方は、生姜を食べた食べていないにかかわらず、食事後、横になるのはやめてください。

 

横になってゴロゴロとすると、食道と胃が平行になって胃酸が逆流しやすくなり、
逆流性食道炎になってしまいます。

 

ですから、生姜を取り入れた食事を逆流性食道炎の方が摂取したあとは、
食道が胃よりも上にくる姿勢でいると良いでしょう。

 

また、生姜を食べて食欲が増進すると、体重が増えて逆流性食道炎になることがあります。

 

体重が増えるということは、身体に脂肪がつくということで、
その脂肪が胃を圧迫すると胃酸が逆流しやすくなり、逆流性食道炎になってしまうのです。

 

ですから、逆流性食道炎の方が生姜を食べるときは、食事量に注意する必要があります。

 

逆流性食道炎を改善したいなら、生姜だけでなく、他の食べものにも注意をする必要があるでしょう。

 

てんぷらや脂肪分の多い肉などは、逆流性食道炎では注意したい食べ物になります。

 

脂肪をとったときに働くホルモンは食道の下にある括約筋に影響を与えて緩め働きがあるので、
胃酸が逆流しやすくなり、逆流性食道炎になるのです。

 

ですから、逆流性食道炎を改善したいなら、脂肪分の多い食品は避けたほうが無難です。

 

生姜には脂肪分はありませんから、生姜を食べることによって括約筋が緩み、
逆流性食道炎になるとは考えにくいと思います。

 

ですから、生姜を食べても逆流性食道炎の症状が現れなかったら、食べることに問題はないでしょう。

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像