MENU

逆流性食道炎と肥満について

逆流性食道炎は、進行していくと出血したりガンを発生させたりと、
とても怖い炎症だという事を理解しておいたほうが良いと思います。

 

お酒や煙草が好きな方は、よく胃が荒れているといった症状を起こす事があるでしょうが、
逆流性食道炎は食道が荒れている場合になるものです。

 

逆流性食道炎はこうした原因以外でも、発症してしまう場合もあるのです。

 

肥満が原因で逆流性食道炎になってしまうというパターンがあります。

 

逆流性食道炎は、肥満と、どこにつながりがあるのか、パッと考えてみても、
答えが出てこない方もいるでしょう。

 

しかし、肥満の状態を考えてみれば、逆流性食道炎になってしまう原因も、

 

「なる程確かに」

 

と納得できるのではないでしょうか。

 

 

肥満になる事で、おなかが圧迫されて、胃酸が逆流を起こしてしまい、
逆流性食道炎になってしまうのです。

 

 

少しおなかが出始めてきたという方や、肥満に自覚を持っている方は、
逆流性食道炎にならないように、痩せる努力も必要ではないかと思います。

 

 

また、胃の入り口を上にして食道への逆流を防ぐためにも猫背を改善し、
背筋を伸ばして姿勢よく生活をする事も大切です。

 

 

逆流性食道炎は治療も大事ですがならないようにすることも必要になってきます。

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像