MENU

逆流性食道炎と食事について

ぜん動運動の低下が考えられるのですが、ぜん動運動は、
食道に上がった胃酸を胃に戻すために働きます。

 

つまりその働きが衰えてしまう事で、胃酸を長く食道につけてしまい、
逆流性食道炎を起こしてしまうのです。

 

ぜん動運動が原因となっている場合は、手術をするか、胃酸の分泌を減らす努力をして、
逆流性食道炎の防止をしていくしかありません。

 

しかし手術のような大がかりな事は、特にする必要もないかと思いますし、
食事制限等で、胃酸分泌を減らす方向で逆流性食道炎を防止した方が良いのではないでしょうか。

 

 

逆流性食道炎の原因で大きいものは、なんといっても食事によるものではないかと思いますし、
上記でも食事がかかわってきます。

 

逆流性食道炎になる原因は、食べ物であり、食べ物を摂取する事で、食道を通り、
胃の中に運ばれるのです。

 

胃酸は、食べ物を溶かす役割があり、その量が多ければそれだけ胃酸も多くなりますから、
逆流性食道炎の可能性が高くなります。

 

つまりは、食べ物の過剰な摂取を控えていけば、逆流性食道炎となる胃酸の量も減らす事が
できるのです。

 

胃酸の量がすくなければ、逆流してこようが、逆流性食道炎になる可能性も高くはならないでしょう。

 

 

しかし、逆流性食道炎は、食べ物の過剰摂取だけではなく、食べ物の種類によっても、
原因は生まれてくるのです。

 

食べ物の種類によって、胃酸の量も変わってくるということなのか、
逆流性食道炎の原因は非常に多いといえます。

 

 

どのような食べ物が、多くの胃酸を出して、逆流性食道炎になってしまう原因となるのか、
調べてみたいものです。

 

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像