MENU

逆流性食道炎の問題点

問題となる事を一つずつ解決してみましょう。

 

・例えば食道下部括約筋が問題なら、動きを良くしてあげましょう。

 

食道下部括約筋の働きは加齢によっても衰えてしまうため、
確実に逆流性食道炎を防げないかもしれませんが出来る対策は講じておきたいです。

 

 

・胃酸が増えすぎた事によって逆流性食道炎になっているのなら、
胃酸の量を調整してあげましょう。

 

因みに、逆流性食道炎の治療として利用される薬の中には胃酸の分泌を
抑える作用のあるものが含まれています。

 

 

逆流性食道炎が悪化するとがんになる可能性はありますが、
通常考えられる範囲で可能性はかなり低いです。

 

低いとは言え、ゼロではありません。

 

逆流性食道炎を放っておいて良い理由など、どこにもありません。

 

がん以外にも、考えてみれば胸焼けが続けばかなり不愉快になるでしょう。

 

はじめは逆流性食道炎からくる胸焼けだけでも、次にストレスから厄介な病気を更にストレスで
厄介な病気と負の連鎖は続きます。

 

逆流性食道炎の時点ならば薬で簡単に治療できるので、この段階でしっかり対策しておきたいです。

 

 

仮に逆流性食道炎を放っておいて弊害が出なかったとしても、
今度は治療する際に薬では直せず手術が必要になってしまいます。

 

 

厄介なようなそうでもないような、不思議な病気逆流性食道炎の
治療については詳しく調べてみましょう。

 

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像