MENU

逆流性食道炎の薬

逆流性食道炎は症状自体は軽いものの、放っておくと後々に面倒なものとなります。

 

たかが逆流性食道炎なんて侮っていると、最終的にがんになる可能性があります。

 

また、逆流性食道炎を放置しておいて良い理由もありません。

 

初期段階ならば薬による治療で回復を目指せるのに対し、
逆流性食道炎は重症化すると手術が必要になります。

 

面倒ですよね。

 

面倒なことを少しでもなくすために、逆流性食道炎は早め早めの対処が求められます。

 

それ以前にベストなのは、逆流性食道炎にならない事です。
当たり前の話ですが、そう簡単ではありません。

 

逆流性食道炎、つまり簡単に言えば胸焼けは誰でも一度は経験があるものではないでしょうか。

 

 

逆流性食道炎とは、本来なら胃の中にあるべき胃酸が逆流して
食道に流れ込み炎症を起こすものです。

 

放っておくと単なる食道の炎症だけで済まないのが逆流性食道炎の
厄介なところで、がんをはじめとする様々な病気のリスクが跳ね上がります。

 

厄介なのは放っておいて重症化した場合で、基本的に逆流性食道炎は簡単に治療できるものです。

 

治療には、主に薬を使用します。
というより、逆流性食道炎は薬で治せるのです。

 

何だか一気に気が抜けましたね。

 

因みに、逆流性食道炎向けの薬は何種類かあります。

 

逆流性食道炎の直接的な原因とも言える、胃酸の分泌を抑制するための薬や
中和するための薬などが使用されます。

 

この薬は非常に効果的なもので、服用していけば逆流性食道炎の症状はすぐに消えるでしょう。

 

ただ、すぐに消えたからと言って薬の服用を止めるのは危険です。

 

逆流性食道炎は治療しやすい病気ですが、完治の難しい病気でもあります。

 

自己判断で薬を止めるのはやめましょう。

 

私が逆流性食道炎を和らげた方法

画像

画像

画像